【年収1000万円サラリーマンの手取り額】

HOME >> 基礎情報 >> 手取り額

年収1000万円サラリーマンの手取り額

年収1,000万円はサラリーマンにとって憧れや目標と言われていますし、年収1,000万円のサラリーマンと言えば金持ち・裕福・勝ち組といったイメージがあります。その年収1,000万円に該当するサラリーマンはどの程度の割合なのか、また実際の手取り額はどの程度なのかは気になる点です。年収1,000万円以上のサラリーマンは、給与所得者全体の数%で合算すると年収1,000万円以上という人を含めても5%にも達していません。その数%に入るのは、医師・弁護士などの専門職の人やマスコミ・金融・商社・超大手メーカーなどで働く人です。このように年収1,000万円サラリーマンの割合は、かなり低くてごく限られた方たちになることが理解できます。

一般的な年収の話題においては税金などが引かれる前の金額が多いのですが、家庭の収入として考える場合の年収は税金などが引かれた手取り額で考えることが多いです。つまり、年収1,000万円サラリーマンというのは税込みの年収のことで、手取りの年収で1,000万円というわけではないのです。そこで、税込みの年収と手取りの年収との違いを理解しておく必要があります。

税込みの収入というのは会社側が支払っている総支給額のことで、源泉徴収票の支払金額として表示される金額になります。一方手取りの年収というのは、その総支給額から所得税や住民税など源泉徴収される税金や社会保険料などが引かれた金額で、給料として実際に振り込まれる金額です。このようにサラリーマンの手取り額は、税金や社会保険料などが引かれた金額なので家族構成や控除額などで大きく変わってきます。その為に明確な数字として年収1,000万円サラリーマンの手取り額は言えませんが、一般的には大体700万〜800万円です。

また、この手取り額で注目したいポイントは源泉徴収される税金で、住民税は一律10%ですが所得税は累進課税で年収によって税率が違うのです。実は累進課税というのは収入が多いほど税率が上がる仕組みで、年収1,000万円サラリーマンは損をしているように考える方もいます。しかし、収入が低い方は手取りが多くなるという不公平は発生することがなくて、年収別の手取り額の割合は総支給年収の7〜8割程度と多少の差はありますが割合的に考えるとほぼ同じです。ただ年収1,000万円サラリーマンが憧れや目標という方は少なくないので、高年収の会社に転職する・現在の会社で出世する・副業を始めるなどの方法で達成できるように努力するのも良いでしょう。

高年収の求人が豊富!人気の転職エージェントランキング!

ランキング 第1位
サービス名 リクルートエージェント
対応エリア 全国
運営会社 株式会社リクルート
公式ページ リクルートエージェント公式ページ
ランキング 第2位
サービス名 マイナビエージェント
対応エリア 全国
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビエージェント公式ページ
ランキング 第3位
サービス名 DODA
対応エリア 全国
運営会社 株式会社インテリジェンス
公式ページ DODA公式ページ

© 2014【年収1000万転職ガイド】