【年収1000万円稼いでいる人の税金対策について】

HOME >> 基礎情報 >> 税金対策

年収1000万円稼いでいる人の税金対策!

サラリーマンの平均年収は300〜500万円ということを考えると、年収1,000万円稼いでいる人は高収入というイメージがあります。ただ、一般的に年収というのは源泉徴収される税金や社会保険料などが引かれる前の総支給額のことなので、1,000万円稼いでいる人であっても1,000万円全てが手取り額になるわけではありません。手取り額は税金や社会保険料などが引かれた金額なので、家族構成や控除額などで多少の違いがでてきます。特に注目したいのは所得税や住民税といった源泉徴収される税金で、何らかの税金対策で手取り額をアップすることも可能です。サラリーマンは節税対策とは関係ないと思われる方も多いでしょうが、対策できない職種というわけではありません。

サラリーマンの住民税は一律10%ですが、所得税は累進課税という方式がとられていて年収が高くなると税率も上がる仕組みになっています。また、所得税は給与の収入金額から給与所得控除や各種所得控除を引いた課税所得に税率をかけて算出されるので、この課税対象額をいかに減少させるのかが税金対策につながると言えます。給与所得控除ですが、これは収入に応じて一定額を課税対象から差し引いてくれるもので、サラリーマンの必要経費と言われる存在です。給与所得控除は累進課税とは逆に収入が高くなるほど控除額が上がる仕組みになっていて、この給与所得控除があることで収入が低い方が手取り額の割合が多くなるという不公平が発生しないのです。また給与所得控除の半額を超えた金額の必要経費が掛かった場合には、特定支出控除を受けることが可能です。対象となる必要経費とは、通勤費や転居費、さらに研修費や資格取得費、そして帰宅旅費や勤務必要経費などです。この給与所得控除と特定支出控除という制度を理解しておくことが大切です。

次に各種所得控除を積み上げることも税金対策につながります。各種所得控除とは、社会保険料控除・基礎控除・配偶者控除・扶養控除・生命保険料控除・医療費控除などで、家族を養っている場合や保険に加入していることで多くの控除が得られます。つまり、家族構成や生命保険などで各種所得控除額が増えると課税所得が減少するので、各種所得控除を積み上げることが税金対策につながるのです。その為にも各種所得控除に関して詳細を知っておくことが大事になるので、配偶者控除・扶養控除・生命保険料控除など各項目について調べておくと節税に役立ちます。

ハイクラス求人が豊富!人気サイトランキング!

ランキング 第1位
サービス名 リクルートエージェント
対応エリア 全国
運営会社 株式会社リクルート
公式ページ リクルートエージェント公式ページ
ランキング 第2位
サービス名 マイナビエージェント
対応エリア 全国
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビエージェント公式ページ
ランキング 第3位
サービス名 DODA
対応エリア 全国
運営会社 株式会社インテリジェンス
公式ページ DODA公式ページ

© 2014【年収1000万転職ガイド】